読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Scala】関数定義・関数リテラル

関数定義

Scalaで関数を定義する際の構文はいろいろ省略とか出来てしまうので、一度ちゃんと押さえておく。

構文
def 関数名(変数名:型): 戻り値の型 = {}
  /**
   * 基本的な書き方
   */
  def add1(x: Int, y: Int): Int = {x + y}
  /** 戻り値の型は省略できる */
  def add2(x: Int, y: Int) = {x + y}
  def add3(x: Int, y: Int) = x + y
  /** =も省略({}が必要) */
  def add4(x: Int, y: Int) {x + y}

  /**
   * 戻り値がない関数定義
   */
  def out1(s: String): Unit = {println(s)}
  def out2(s: String) = println(s)
  def out3(s: String) {println(s)}

  /**
   * 関数を引数に取る関数
   */
  def fnc1(f: Int => Int): Int = {f(1)}
  def fnc2(f: (Int, String) => Int): Int = {f(1, "2")}

  /**
   * 引数の無い関数
   */
  def noArgs1() {}
  def noArgs2 {}

  /**
   * 関数を返す関数
   */
  def retFnc1(): String => String = (s: String) => "return " + s

関数リテラル

関数リテラルの構文もいろいろ省略できる。

構文
(変数名: 型) => {}:戻り値の型
  /** 関数リテラルの書き方 */
  // Stringを引数に取りUnitを返す
  (s: String) => {}: Unit
  (s: String) => {}
  // Stringを引数に取りStringを返す
  (s: String) => {""}: String
  (s: String) => {""}
  (s: String) => ""
  // Intの引数を2つ取り和を返す
  (x: Int, y: Int) => x + y

  /** メソッドに関数リテラルを渡す */
  fnc1((n: Int) => n + 1)
  // メソッド側に型の定義があるので省略できる
  fnc1(n => n + 1)
  // プレースホルダーを使う
  fnc1(_ + 1)